最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
どのような仕事か

カプセルと錠剤と聴診器

調剤事務とは、調剤薬局でレセプトの作成や処方箋の受付、お薬手帳へお記入、患者からの処方箋の受付、患者の保険種別から薬代を算出し薬代の請求なの事務的な仕事をします。
一昔前までは、薬を処方してもらうとなると、まず病院で長い間順番が来るまでまってやっと医師から診察してもらって、そして今後は薬ができるのをずっとロビーで待って、番号を呼ばれたら薬と診察代の会計をすませたやっと帰ることができるので、とても時間がかかっていたのです。
それが医薬分業となってからは診察が終わって処方箋を受け取ったらあとはかえっていいのです。
その処方箋で病院併設の調剤薬局で薬を受け取ってもいいですし、自宅の近辺の調剤薬局で薬を受け取ることもできるようになりましたので、病院で薬ができるのを待たなくてもよくなり空いている時間に調剤薬局へ行って薬が受け取れるようになりましたので、時間をとても効率的に使うことができるようになったのです。
また、この調剤事務を目指す為に資格を取得したいというニーズも生まれており、通信講座などを利用して学ぶ人も増えているようです。

通信制の講座で

高齢化社会がどんどん進んで高齢者の増加にともなって患者の数も今後ますます増えていくこととなります。
そうなると、調剤薬局で薬の受け取りにくる、レセプトを作成する事務件数も増加してくるので、、調剤事務の仕事の需要も増えてきますので求人数も増えていくこととなります。
そして、調剤薬局では調剤事務の経験や資格がある方を募集してきます。

調剤薬局の事務の仕事は資格がなくてもできる仕事内容ではあるのですが、やはり多数応募があったときに他の人と差をつけるには公的に知識を証明できるものがあると有利になります。
調剤薬局の事務の資格は通信講座などで比較的に簡単に取得できるので人気があり、勉強する範囲も医療事務と比べると、出題範囲が狭いです。

すでに仕事をされている方や主婦で育児や家事に忙しい方でも通信講座などを利用して、空いている時間に取得ができます。
更新の必要がない資格ですので、いまとっておいて将来働くときに使うなど保険にもなります。

オススメリンク

ファイルを読む女性

講座を利用する

通信講座には様々なものがあります。
こうした講座を選択するということであれば利用者の合格率が高いところを選ぶということがとても大事です。
口コミなどであれば実際に成果を上げていくRead more

関連リンク